So-net無料ブログ作成

伊香保 [名珍写真]


おっひひ~。

これは、群馬県北群馬郡伊香保町の見晴展望台で深呼吸をするW邉さんである。
ヒロシの実家から逃げるように伊香保に向かった後の写真である。
見晴展望台は、広重が描いた「江戸伊香保八景」にも登場の展望地である。
高崎市街や赤城山を見渡すことができる。
景色を見て、関東平野の広大さに絶句した。
それが北関東の一部に過ぎないことを知り、気絶しそうになった。

伊香保温泉は、去年の8月に一部旅館による温泉の不当表示が問題になったところである。
榛名山系の二ッ岳の爆発に始まるといわれ、約2000年前から湧き出ている温泉である。
万葉集にも詠まれている程の名湯である。
リュウマチなどの湯治に利用され、関東屈指の温泉地として浴客の絶える事がない。

それにしても、W邉さんの深呼吸はちょっと上を向き過ぎではないか?



nice!(0)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

臍地蔵 [名珍写真]


はろ~。

これは、臍地蔵である。
右下にいるのは、臍地蔵を見上げているW邉さんである。
写真右に写っているのは、臍石である。
これは、坂上田村麻呂が東征の帰途に「日本の臍石」と定めたと言い伝えられている、
日本の中心標である。
群馬県渋川市寄居町にある。
臍地蔵の臍をなでると、子宝に恵まれると言われている。
毎年7月には、「へそ祭り」が行われる。

「日本の中心」と述べたが、坂上田村麻呂がここで臍に似た石を見つけ、
蝦夷地から来るとここが京都への半ばとなるので、日本の中心としたという伝えがある。
したがって、ここが日本の中心とするには疑問がある。

それにしても、W邉さんの見方は変である。


nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。