So-net無料ブログ作成
検索選択

水族館 [名珍写真]

これは、おじさんである。
大分県の「うみたまご」という水族館で魚を見ているおじさんである。
このおじさんを狙って撮ったわけではない。
「ニモ」を撮ったら、ニモよりも目立っておじさんが写ってしまったのである。

ニモは、「カクレクマノミ」というスズキ目スズメダイ科の魚である。
日本では、奄美大島以南のサンゴ礁のある地域に生息している。
ハタゴイソギンチャクやセンジュイソギンチャクと共生する。

それにしても、このおじさんは実につまらなそうである。
子供に無理やりつれてこさせられたのであろう。
しかし、ここで注目すべき点がある。
お父さんを連れてこさせた子供も、
水族館に来れたにもかかわらずむすっとしているのである。
何故か。

その答えは1つしかない。
それは、子供が駄々をこねて水族館に行く事になったものの、
水族館に着くと、父親が、
「あ~ぁ、来たくなかったのにな」
「あ~ぁ、来たくなかったのにな」
と、愚痴をもらし続けるのである。
この親子にとっては、最も楽しくなかった1日になったに違いない。

最後に、もう1つ言っておかねばならないことがある。
おじさんの向かって左に、女の子の霊が写っている。



nice!(0)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

タグ [名珍写真]

これは、タグである。
「タグ」とは、中学時代の友達である。
もちろん、これを撮ったのは今年である。

タグは、中学時代、「絶対早稲田に行く」と言っていた。
その理由は只ひとつ、広末涼子が居たからである。

タグは、中学を卒業すると、瓊浦高校に進学した。
剣道の特待生で。
毎日長崎まで電車で通っていたのだから、尊敬する。
合格後、クラス分けの試験があった。
早稲田を目指すのだから、当然進学クラスに入らなければならない。
しかし、あえなく撃沈。
笑い話となった。

タグにはもうひとつ、滑稽な特徴がある。
それは、氏名の漢字を全て小学1年で習うということだ。
「田」と、「口」と、「一」と、「男」である。
なんと単純な男だ!

あなたのホームページ・メルマガで広告収入! 【アクセストレード】


nice!(0)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

大村 [名珍写真]

これは、大村駅付近の風景である。
いま、「大村駅」といったが、神戸電鉄粟生線の「大村駅」ではなく、
JR大村線の「大村駅」である。
もし、「大村駅」と聞いて神戸電鉄粟生線の「大村駅」を思い浮かべ、
「神戸電鉄粟生線の『大村駅』前はいつのまにこんなに発展したんだ!」
と驚いた方がいたら、申し訳ない。

大村駅の駅舎は、大正7年に建てられた、きりりとした洋館の木造駅舎である。
大村はかつての軍都であり、軍の会った街にはこのような駅舎が造られることが多い。

何故この写真を撮ったかというと、
大村にこのような高層マンションが建っていることに驚いたからである。
この写真だけ見ると、15万都市には見える。
よね?渡邉さん。


nice!(0)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。