So-net無料ブログ作成
検索選択

吉野家効果 [資産運用]

18日、吉野家が牛丼を1日限定で復活させたが、
その日、すき家でも物凄い事になった。
私は夜帯に入っていたが、
通常稲毛店の夜帯(18時~22時)の売上は2万6千円程度だが、
その日は4万7千円であった。
4万円いくことは非常に稀である。

吉野家の牛丼が売り切れてお客さんが流れてきたということや、
マスコミが牛丼の話題を大々的に取り上げたので牛丼を食べたくなって食べに来たという事が考えられるだろう。

店舗や時間帯によっては普段の2倍3倍も売れたというところもある。
売上のレコードを記録したという店舗もあった。
これはどういうことかというと、すき家が牛丼を復活させた折は大繁盛したが、
すき家の牛丼が復活した時よりも、吉野家の牛丼が復活したときの方が、
すき家の売上が高いということである。

これは、予想外であった。
私は、むしろ吉野家の影響で売上は下がると思っていた。
また、配送の増強や人員増強の指示もなかったので、
すき家本部も予想していなかったであろう。

売上が高かったのは18日だけではない。
18日以降、普段よりも高い水準の売上がずっと続いている。
稲毛店夜帯を例に取ると、通常3万円を超えるのは週に1~2回であるが、
18日から24日までの7日間で5回も3万円を超えた。
しかも、そのうち2回は4万円超えである(2回とも4万7千円、2回とも私が入っていた)。

これは予想外の売上であり、ゼンショーの業績予想には盛り込まれていない。
したがって、業績予想を上方修正するのは必至である。
しかも、この情報はまだ市場には出回っていないと思われるので、
株価には反映されていない。
ゼンショー株は、PBRでは5.7倍と割高であるが、
予想PERでは32.9倍と外食産業の中では割安であり、
急騰が期待できるのではないだろうか。

因みに、現在の株価は1,384円である。

 


テイツーとダイナシティ [資産運用]

ダイナシティ株を買うとき、それまではかなり割安になっていたテイツー株を再び買うつもりであった。
しかし、16,000円の買い付け余力で、単元株で買える株を調べてみたところ
(単元未満株だと525円の手数料がかかるところ、単元株だと手数料0円であるため)、
ダイナシティの方がいいという結果になった。

しかし、昨日現在、ダイナシティは15,280円から13,000円まで下がっている一方、
テイツーは2006年8月中間決算予想や2007年2月期決算予想で売上高や経常利益を上方修正し、
好調である。
果たして、ダイナシティを選んだことが正解となるか?

因みに、ダイナシティはMSCB(転換価格修正条項付き転換社債)の発行により
人気が薄れていることが株価低迷の原因である。

 


売り注文と買い注文 [資産運用]

今日はシーマの売り注文と買い注文を同時に出した。
どちらも約定されなかったが。

売り注文は66円の指値で出した。
というのも、私は利益率10%で売却することにしているからだ。

買い注文を出した理由は少々ややこしい。
私の口座には買い付け余力が759円残っている。
それなら、シーマを10株ではなく20株買えばよかったじゃないかということになるが、
10万円以下だと手数料は無料だが、1ランク上の手数料(250円)が買い付け余力から
拘束されるので、10株しか買えなかった。
759円の買い付け余力で買えるシーマ株の上限価格は50円なので(50円×10株+250円=750円)、
50円の指値で買い注文を出した。

 


シーマ株取得 [資産運用]

今日から趣味の株式投資の日記もちょこっとつけていこうと思う。

まずは、株式投資のこれまでの履歴から。

テイツー
 2005年08月08日 15,800円で1株取得
      09月14日 18,200円で1株売却
      11月12日 配当金100円受領

ブリヂストン
 2005年08月08日 2,155円で10株取得
      11月17日 2,500円で10株売却

三井物産
 2005年09月20日 1,236円で23株取得
      29日 1,449円で23株売却
      12月06日 配当金208円受領

飯田産業
 2005年10月05日 2,135円で14株取得
      11月22日 2,025円で12株取得
 2006年01月13日 配当金253円受領
      07月26日 配当金469円受領

ダイナシティ
 2006年09月05日 15,280円で1株取得

で、昨日、シーマを60円で10株取得した。
シーマを買おうと思ったときの時価は70円くらいだったが、
PERが小売業の平均を下回ってから買いたかったので、
それを下回る上限の60円の指値で注文を出し続けた。
約1週間ほど粘って、ようやく買うことが出来た。

 


メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。